1割の頑張りで人より稼ぐ

1割の頑張りで人より稼ぐ

まず、はじめに

こんにちは、ゲムピチャンネルのずーえんです。

今回は、より充実した生活を送るために楽をしようというお話です。

今回は、世の中で一番多いサラリーマンの視点でお話を進めていきます。

早速ですが、あなたの生活サイクルをイメージしてみてください。

多くの人は、1日のうち10時間を仕事や学校生活が占めています。

6時間前後が睡眠。

残りは8時間ですが、家事やら食事やらで自由に使えるのは4時間ほどではないでしょうか。

そう考えると、1日10時間も使っている仕事の時間で、脳が一生懸命働いていたらそりゃあ疲れてしまいます。

人間、そんなにうまくできていないので、10時間頑張った!と思うと、帰ってきてから、今日は頑張ったから何もできない…そう思ってしまいやすくなります。

確かに、仕事が充実している!というのは幸福なことです。

僕も今は仕事が充実しています。

1割しか頑張っていないやつが何を言っているんだ?と思う方もいると思います。

ただ、頑張っていることと充実しているのことは違いますよね?

頑張ったから成功する、それが直結しないのと一緒です。

僕は、1割を全力で頑張ることで、仕事を上手く回し、私生活を充実させ、心に余裕を持たせることができています。

つまり、

そういった頑張っている貴方に、もっと充実した生活を送ってもらいたいなと思い、今回、言葉を綴っていこうと思いました。

人間は脳の10%しか活用できていない

さて、話は変わりますが、人間は脳の10%しか活用できていないという話を聞いたことがありませんか?

この理論については、下記のサイトで詳しく書いてありますが、

まとめると、人間には残り90%の可能性が秘められているという話で、実際に10%しか使っていないという話ではありません。

( https://logmi.jp/business/articles/69779 )

実際には食事などでとりこんだ全エネルギーの20%ものエネルギーを脳に使うほど、酷使しています。

たった20%?全然使ってないじゃないか!と思うかもしれませんが、脳の質量を考えてみてください。

脳の質量はおよそ1.5kgほどです。

体重はおよそ60kgと仮定すると、2.5%が脳です。

例えば、人間が生きていく中で、体を動かす、内臓が消化や呼吸で機能する、そういった活動に80%使うのは理解できますよね?

脳の体重に占める重量の割合が2.5%なら、90%以上はエネルギー使ってもいいんじゃない?僕はそう思います。

そんな2.5%のしかも大きく動かない部分に20%も使っているのです。

更に、

過去の研究から、脳の占める機能の内、16%を使うことが、もっとも効率よくエネルギーを使用し、脳を動かすことが出来るとのことです。

言い換えると、自分が「ものすごく頑張って脳をフル回転させているぞおお!!」なんて思って18%も脳を使おうものなら、記憶機能が低下するかもしれないし、考えるときに使う部分も十分に機能出来てないことになるのです。

だからこそ、普段は1割くらい頑張ることで、脳の機能を最大限に使い、ゆたかに生きよう?といったお話しに繋がるのです。

1割の頑張りとは

ここまでで、1日10時間を占める仕事で、1割くらい頑張ることが非常に効率がいいという話をしました。

では、実際に何を頑張ればいいのか。そこが最難関なのです。

ここで、1つだけ認識を合わせておきましょう。

まず、あなたの頑張りが10パワーあるとします。

そして、仕事が10個あるとします。

普通は、1仕事を1パワーで頑張ります。

今回、僕がいう1割の頑張りとは、

1だけを9パワーで頑張り、ほかの仕事を0.1の頑張りで終わらせる。
10個の内、1個を頑張るから、1割の頑張り。そういう意味です。

決して、全部を0.1で頑張るから10パワーのうち、1パワーしか使わず、1割の頑張り。そういう意味ではありません。

では、次に何を頑張るかの本題に移りましょう。

0.1パワーで頑張るには

まず、0.1パワーで仕事頑張っても、終わらないじゃないか!

そういう意見は確かにその通りです。

でも、それは、1個の仕事を全部やるから、そういう意見が生まれます。

は?1つの仕事は1パワーで全部やれよ。

そういう意見はごもっともです。

ただ、人間とは難しいもので、人それぞれ生きてきた道は違います。

ゆえに、価値観というものが異なってきます。

よく価値観の違いで発展する話に恋愛がありますが、男は浮気しても許されるものと考える人と、浮気ダメ絶対、そういう意見に分かれる場面に出会ったことは有りませんか?

そんな中、今、彼女がいる男性から、
「新しく好きな人が出来たんだけど、どうすればいい?」
そんなを問いを投げられたとします。

貴方が浮気賛成派なら「とりあえずご飯行ってみたら?」

反対派なら「今の彼女とどっちが好きなの?」

そういった二つの意見に分かれることは容易に想像出来ますね。

つまり、誰かから仕事が降ってきても、貴方が思うベストは誰かにとってのベストでは無いということです。

多くの社会人は言います。

「うわー、無駄な仕事したわ。使えねぇ上司だ。」
「うわー、こいつ何も理解してねぇ。使えねぇ部下だ。」

これはどちらも間違いで、お互いの認識を合わせなかったからこそ起きたミスです。

せっかくもらった1の仕事を1パワーで頑張っても、それが求められていなかった10パワー使ったとしても成果にはならないのです。

報われませんね?

では、最初から認識が合っていれば?1パワー使わなくても終わる可能性はありませんか?

上司から、
「あれとこれとそれをやって欲しい」
と言われて、ただやるより、
「あれが知りたいから、あれとこれとそれをやって欲しい」
と言われたら、
「あれとこれはいらないから、それだけでいいかもしれませんね?」
という話になることもあります。

そしたら、それだけでいいので、1パワー使うはずの仕事が0.3パワーで済みます。

そういった積み重ねですね。

これで、多くの仕事は、本来1パワー必要でも0.1パワーで終わらせることが可能になります。

9パワーで頑張ること

最後に、9パワーで頑張ることについてお話したいと思います。

それは、自分のためになること。

それだけです。

与えられた仕事の中に、これをやったら自分の評価が大きく上がりそうだぞ!

そういう仕事がありますよね?

そういう仕事だけ、9パワーで頑張るのです。

自分が上から仕事を与えられる立場である場合、ここでも上司は何を貴方求めているかが大事になってきます。

上司が自分に対し、勉強してほしいと思っているなら、勉強を頑張る。

仕事を早く回してほしいと思っているなら、早く回すための準備を頑張る。

雑用として自分のコマになって欲しい。そんなことを想っている上司なら、正直辞めてしまった方がいいかもしれません。

人間は、刺激を求める生き物です。

そうある以上、自分の成長というものに歓喜し、頑張れる生き物です。

昔は誕生日が来るたびに嬉しくなかったですか?

もちろんプレゼントがもらえることも嬉しさの一つですが、
”大人になっていくという成長”に喜びを感じたことがあると思います。

だから、貴方には成長をすることを頑張り、喜び、心を豊かにしてほしいのです。

そして、それが上司の求める成長と合致していれば、

人間的な成長に社会的な成長。いわゆる「出世」が付いてくるのです。

理解して頂けたでしょうか。

まとめ

相手が求めることを理解し、1パワーでやってた仕事を0.1パワーで行う。

そして、自分の成長のために9パワー使う。

これが解です。

ただ、相手が求めていることを最初から察せる人はそう多くはありません。

もし、あなたが社会人1年目、もしくは新しい職場で慣れていないなら、仕事を0.1パワーで行うことは少し困難かもしれません。

まずは、あらゆる仕事を1で頑張ってみて、仕事の流れを理解する。

その中で上司が何を求めているかを察せる”勘”を鍛えていくのがベストだと思います。

それが、将来的に仕事を0.1パワーで回せる近道です。

ゲムピチャンネルはこちら!

チャンネル登録よろしく!

ずーえんのつぶやきカテゴリの最新記事